スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレンジ色の夜空

夕飯を食べ終えてから、外に出て娘を抱っこしながら夜空を眺めるのが日課になってます。


いつも思い出すのは、自分が幼い頃に見ていた製鉄所が映すオレンジ色の夜空。


当時、製鉄所の近くに住んでおり、バブルで工場が今よりもお元気に操業していたと思うので…、夜空=オレンジという印象でした。


光化学スモッグ注意報とかも、よく放送で流れてましたね。


いろいろ思い出します。


80年代を(笑)


懐かしいですね。


80年代の雰囲気、時代の空気感が今でも好きです♪


夢は何かと聞かれて、「たこ焼き屋さんになりたい。」なんて言ってたような♪
(よく行ってたお店の味を越える美味しい「たこ焼き」に未だ出会えておりません…。)


子どもの頃に見ていた夜空と違うと思うのは、本当に星が見えにくくなっていること。


やっぱり淋しいですし、いろいろ変わって来てるんでしょうね…。


今見ている夜空を大人になった娘が思い出した時は、どんな風に映るんだろう…。


「パパの温もりが印象的だった♪」なんて勝手に期待したり(笑)


ぼ~っと夜空を眺めるのも気持ち良いので、おすすめです。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。