スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己実現への道 ~勝者~1

勝者たる人間は様々な潜在能力をもっている。最も重要なものはその業績ではない。
人間としての「真実味」が最も重要なものだ。真実(ほんもの)の人間は、自己をよく知り、本当の自分を表現し、信頼できる、期待に答えることのできる人間になることによって現実の自己というものを体験する。
このような人は、自分がもっている今までにはないユニークな面を実現し、また他人のユニークさを正しく評価できる人である。
彼は自分がこうあるべきだと考えるイメージのために自分の人生を犠牲にするようなことはしない。
むしろ彼は現実の自分であることに専心する。
したがって演技をしたり、見せかけの自己をもちつづけたり、巧みに人をゲームに引きずりこんだりするようなことをしてエネルギーを消費することはしない。
勝者は他人の機嫌をとったり、人を怒らせたり、そそのかしたりして自分の思い通りにするということはしなくても、自己を実現することができる。
彼は愛することと、愛情のあるようにみせかけること、愚鈍であることと愚鈍にふるまうこと、利口であることと利口なふりをすることのちがいがわかる人である。
彼は仮面をかぶって真の自己を隠す必要はさらさらない。また劣等感とか優越感などの非現実的な自己イメージは投げ捨てる。また、自律的であることが勝者を脅かすこともない。
誰でも、たとえ束の間でも自律しているときがある。しかし勝者ならば、相当長い期間それを維持するのが可能である。
彼は時には不利な立場に追いこまれ、失敗することさえもあるかも知れない。しかしそうした敗退にもかかわらず勝者は自分に対する基本的な信頼感をなくしはしない。

M・ジェイムス/D・ジョングウォード 著
「自己実現への道」より抜粋









にほんブログ村 健康ブログ レイキへ
にほんブログ村

人気ブログランキング





コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。