スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己実現への道 ~敗者~ 3

現在目の前にある状況に対応して自分の五官を完全な形で動員させることが出来ないため、敗者の知覚は誤ったものか、又は不完全なものとなる。
彼は自分や他人をプリズムのような歪曲を通じて見ている。
現実世界と効果的に対処する彼の能力は損なわれているのだ。
敗者は、お芝居をするために多くの時間を費やす。
彼はフリをしたり、人を操ったり、幼児期からの古い役割をいつまでも続けている。
彼は仮面を維持することにエネルギーを投入し、エセの外見をうち出していることが多い。
カレン・ホルネーも次のように書いている。「偽りの自己を助成するのは常に真の自己の犠牲の上に成り立っている。真の自己は軽視して扱れ、貧乏な親戚程度に扱われるのが関の山である。」
演技をしている敗者にとっては現実よりも自分の演技の方がより一層大切な場合が多い。
敗者は自分でも出来る範囲の行動を、自由に適切に表現する能力を抑圧してしまっている。
もし彼の自分で選んだ道が人生で袋小路に入って行き詰まってしまった時、彼は他の生き方もあるのだということに気がつかない。
新しい事を試みるのが不安なのだ。
彼は自分の現状を維持しようとする。
彼は同じことを反復する人間である。
自分自身の失敗を繰り返して行うだけでなく、家族や社会が犯した失敗をも繰り返しがちである。
敗者は人を愛したり、人から愛されたりすることに困難を感じる。
親密で、正直で、直接的な他人との関係を持てない。
その代わりに自分の期待に沿わせようと相手を巧みに操作しようと努め、相手の期待に沿うようにと、自分のエネルギーを全部そちらに振り向ける。
自分が敗者の人は、自分の知性を適切に活用していないのである。
理屈をつけて合理化したり詭弁を用いることで知性を誤用している。
合理化している時には自分の行為をいかにももっともらしく見せるために口実を設けている。
合理化とは多弁を弄して相手の目をくらませることだ。
その結果、彼の潜在能力の大部分は表面に現れないし、実現されることもないし、認められないままである。
童話の中に出てくるカエルの王子様のように彼は魔力に縛りつけられ、もともとはそうではなかった人生を送ることになるのである。

M・ジェイムス/D・ジョングウォード 著
「自己実現への道」より抜粋








にほんブログ村 健康ブログ レイキへ
にほんブログ村

人気ブログランキング





コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。